サーバ管理者の仕事

検索キーワード「サーバ管理者」+「仕事」でこのブログに来る人が多いみたいなので、今日はサーバ管理者の仕事の話を書いてみます。

サーバ管理者、というか私は下っ端なのでほとんどオペレータのような仕事をしてます。具体的には、以下のようなお仕事。

  • サーバ構築
    • 機材の選定・調達とか、OSのセットアップ、いろいろなソフトの設定とか。
  • 監視
    • サーバが止まってないか、クラックの予兆はないか、とか。ツールを使って自動化してる部分がほとんど。
  • 運用
    • ユーザ管理
      • 誰が、どのデータ/サービスにアクセスできるのか、みたいなところを管理。
    • システムのアップデート
      • OSやソフトウェアにパッチを当てたり、バージョンアップしたり。適当にアップデートすると、アプリが動かなくなることもあるよ!
    • トラブル対応
      • 「昨日まで動いてたアプリが動かない!」みたいな事態になったときに、ログやら何やら確認して原因究明と対策をする。
    • ドキュメント作り
      • 作業手順をマニュアルにまとめたり、管理に必要な情報を一覧表にしたり。

うーん。地味ですねー。


でも、root権限を持ってるということはサーバ内の全情報にアクセスできるということで。その気になればサーバ内のデータをバッサリ削除して再起不能にするぜ、フヒヒ。といったこともできます。バルス!ってできる。実際やったらクビか異動だけど。


整理整頓好き、縁の下の力持ちが好きな人には向いてるんじゃないかなー。