塩豚

涼しくなって、保存食を作りやすい季節になりました。塩豚は豚肉のかたまりを塩漬けにしたもので、ふつうのお肉とは違った味わいでおいしいです。保存食の中でも塩豚は簡単にいろいろと展開できるところがとても気に入っています。

材料

  • 豚肉(かたまり)
    • バラ肉、肩ロース肉など、好みの部位を使います。脂がある程度ついてる方が他の料理に展開したときにおいしいと思います。スープに入れるならバラ肉、焼いて食べるなら肩ロース肉かなー。
  • ポリ袋(ジップロックなど)

作り方

傷むことを防ぐために豚肉を買ってきたその日に作ります。

  1. 豚肉から肉汁が出ているようならキッチンペーパーで水気を拭き取ります。
  2. ポリ袋に豚肉を丸ごと入れ、塩をふりかけます。全体にまぶして、表面がザラザラするぐらいの量の塩をかけてください。
  3. 塩が全体に馴染んだら袋から空気を抜いてぴっちりと包み、袋の口を閉じます。そのまま冷蔵庫に入れて放っておきます。
  4. 一晩経つと肉から水気が出て、肉が締まった感じになってきます。袋に溜まっている水をキッチンペーパーでよく拭きとってください。拭き取り終わったら肉を袋に戻して再びぴっちりと包み、冷蔵庫で保存します。
    1. 2日目以降は水が出る量は減りますが、1日1回ぐらい様子を見て水が溜まっているようなら拭きとってください。
  5. 3日目頃からが食べごろです。1週間程度日持ちします。スープに入れたり、軽く塩抜きして焼いて食べたりいろいろ楽しめます。

展開例

  • 焼いた塩豚
    • 薄い塩水に浸けて軽く塩抜きし、焼いて食べます。焼いただけなのにまじうまい。おつまみにもなります。
  • 塩豚入りスープ
    • 食べやすく切った塩豚と野菜で作ったスープもおいしいです。肉に塩気が付いているので様子をみながら味付けします。最後はカレー粉を入れてカレーにするのもおいしい。
  • 野菜と塩豚の蒸し物
    • 鍋に野菜(もやし、キャベツ、にら、きのこ等)と豆腐を入れ、その上に薄く切った塩豚を乗せ、蓋をして火にかけて蒸し煮します。ポン酢やごまだれをつけて食べるとおいしい。野菜がたっぷり食べられるメニューです。

参考